ドナルド・トランプ氏のアメリカ大統領誕生、日本への影響は?

ドナルド・トランプ氏のアメリカ大統領誕生、日本への影響は?

ドナルド・トランプ氏のアメリカ大統領誕生ということで、アメリカが良い意味でも悪い意味でも熱狂しています。

2期8年のオバマ政権が終了し、今年(2017年)1月からはトランプ政権として動き出すのですが、これから世の中がどのように変わっていくのか、私たち日本人としても気になるところです。

それどころか、日本にとっても色々な影響があると考えられるので、今回はトランプ大統領政権について素人なりに考えてみました。

まず、大統領に選ばれたドナルド・トランプ氏がどのような人物なのか、わかりやすくポイントを挙げてみると!

・超お金持ち(資産約3850億円)

・『不動産王』の異名

・政治経験無し

・愛読書は『聖書』

・過激な発言(暗殺レベル)

・変な髪型(ヅラじゃない)

・エッチなおじさん

・×2(3度の結婚)

・子供が5人(娘がモデル級)

アメリカ大統領選挙中に発言した過激な内容

そして次に、こんなトランプ氏がアメリカ大統領選挙で発言した過激な内容をいくつかピックアップしてみましょう。

・メキシコからの移民は麻薬と犯罪を持ち込む。強姦魔だ。

・メキシコ国境には万里の長城を造る。もちろん費用はメキシコ持ちだ。

・北朝鮮が核兵器を持っているのだから日本の核保有もアリだ。

・日韓は米軍駐留経費を100%負担しろ。

・TPP(環太平洋経済連携協定)は『クソ』だ。

・イスラム教徒のアメリカ入国を制限するべきだ。

・ヒラリーの顔を見てみろ。次期大統領の顔じゃない。

トランプ氏が選挙活動中に行なった演説の最後に必ず言うひと言があります。

それは『Make America Great Again !(偉大なアメリカをもう一度作る!)』というもので、『アメリカ・ファースト(米国第一主義)』というトランプ氏の掲げている思想そのものです。

要するにアメリカが、グローバル社会へ強く反発し、国家第一主義でやっていくということです。

わかりやすく例えると、力のあるものが周りの人間と仲良くやろうとしていたけど、結局ブチ切れて『いい加減にしろ!お前らの都合なんか知るか!オレはまずオレの一番の理解者でありたい!』というのが、いまのアメリカと言えます。

トランプ氏のこれまでの数々の過激な発言は『あくまでも選挙活動用』であり、大統領就任後は影をひそめるのではないか?と言われていること。

過去に自著にて『無名より、批判されて注目を浴びた方が良い』というパフォーマンス術を語っていたこともあり、数々の過激な発言については大統領就任後はある程度マイルドな表現に変わって政策が遂行されるのではないかとみられているのです。

いわゆる炎上マーケティングですね。炎上するような発言の中身はアメリカ国民に『一理ある』と感じさせるものも多く、今後は過激発言の角を削り、「狂人だと思われていた人物が実は案外マトモだった」という対比錯覚によって、信用度を上げていくことが考えられます。

ということで、トランプ氏のこれまでの過激な発言が、大統領就任後そのまま公約として実現されるのではなく、本質はそのままに柔らかな表現になることが考えられます。

(メキシコに万里の長城なんて、どう考えても無理ですからね。)

トランプ大統領が日本・日本経済に与える影響について考えること!

ただ単純に、『過激な発言⇒日本ピンチ』ではなく、トランプ大統領が日本・日本経済に与える影響について考える必要があるということです。

日本への影響は?